目元を印象付ける

まつげ

タイプで選び分ける

いつのまにかカールがゆるむコシのないまつげには、ビューラーを使ってカール力を高めますが、力の入れ方によって抜け毛や切れ毛などのダメージを与えてしまうこともあり、注意したい内容です。まつげをトリートメントしながら、形状記憶できるスタイリングマスカラを常備しておくこともポイントで、美しいカールをキープできます。また、ダメージはクレンジングなどでも蓄積されやすく、ぬるま湯で簡単にオフできるマスカラ選びも必要です。さらに、油分を含むアイライナーや化粧品を使用する場合、滲みからパンダ目になりやすく、水分にも油分にも強いウォーターオイルプルーフタイプの目元化粧品を使うことに気を配ることも、自まつげにかかるストレスを軽減できる内容です。

カール力がもたらす効果

目元の印象を左右するまつげは、長さや濃さ、本数なども1人1人異なり、健康・美容の悩みにはまつげ美容液やエクステなどが導入されています。また、繊細なまつげ作りに欠かせない化粧品にマスカラもあり、自分のまつげのタイプに合ったマスカラを選ぶテクニックで美しさを最大限引き出すことや、コンプレックスを改善させることに繋がります。例えば、少ない毛を多く見せるにはボリュームアップがポイントですが、ボテッとした重たいボリューム感は目元全体がたるんで見えるため、カールの持ちがキープできるマスカラを選ぶことでハリ感をアップでき、存在感を得ることが可能です。また、コンディショニング成分を配合させたトリートメントを先に馴染ませることで、自まつげの艶や育毛悩みも解消できます。